『史記』現代語訳:五帝本紀・太史公曰

『史記』原文

太史公曰:學者多稱五帝,尚矣。然尚書獨載堯以來;而百家言黃帝,其文不雅馴,薦紳先生難言之。孔子所傳宰予問五帝德及帝系姓,儒者或不傳。余嘗西至空桐,北過涿鹿,東漸於海,南浮江淮矣,至長老皆各往往稱黃帝、堯、舜之處,風教固殊焉,總之不離古文者近是。予觀春秋、國語,其發明五帝德、帝系姓章矣,顧弟弗深考,其所表見皆不虛。書缺有閒矣,其軼乃時時見於他說。非好學深思,心知其意,固難為淺見寡聞道也。余并論次,擇其言尤雅者,故著為本紀書首。

『史記』書き下し

太史公曰く、「学者の多く、五帝を称すること尚(ひさ)し。然るに尚書独り堯以来を載すのみ。而るに百家は黄帝を言う、其の文、雅馴(ガジュン)ならず。薦紳(センシン)・先生(センジョウ)、之を言うを難(はばか)る。孔子の伝うる所の宰予問五帝徳、及び帝繋姓は儒者或いは伝えず。

余、嘗て西して空峒に至り、北のかた涿鹿を過ぎり、東のかた海に漸(いた)り、南して江淮に浮かぶ。長老、皆各〻往往にして黄帝・堯・舜を称するの處に至るに、風教、固に殊なり。之を総ぶるに、古文を離れざる者、是なるに近し。予、春秋・国語を観るに、其の五帝徳・帝繋姓を発明すること章かなり。顧(おも)うに弟(た)だ深く考えざるのみ。其の表見する所皆虚ならず。書、缺けて間有り。其の軼(イツ)せるは乃ち時時他説に見ゆ。学を好み、思いを深く、心、其の意を知るものに非ずんば、固に浅見寡聞の為に道い難きなり。

余、論次を并せ、其の言の尤も雅なる者をを択び、故(ことさ)らに著して本紀書の首と為す。」

『史記』現代日本語訳

太史公は言う。

「学者の多くが五帝を讃えてから久しい。しかし記録は尚書だけが尭以降を記すだけ。ところが百家の思想家は黄帝について語った。その文章はみやびでもなく理にもかなっていない。だから官位にある者や知識人は、黄帝を口にするのをはばかっている。孔子一門が伝える五帝についての記述は、一部の儒者はニセモノだと言っている。

私は以前西へ旅して、黄帝が政道を学んだとされる空峒山(甘粛省)に行き、北に旅して涿鹿(河北省)を過ぎ、東へ旅して海に至り、南に旅して長江・淮河で舟に乗った。各地では長老たちが黄帝や尭や舜を讃えているというのに、風習や土地の教えはそれぞれ全然違った。いま古典に食い下がって五帝の話をする者は、この長老たちに似ている。

私が『春秋』や『国語』を読んでみると、それが孔子一門の五帝に関する記述のタネ本になった事は明らかだ。孔子の弟子たちは、あまり考えないで歴史をでっち上げたのだろう。ただし『春秋』『国語』がまるまるのウソかと言えばそうではない。本文に欠けたところがあって、本当の事が分からないだけだ。その欠けた部分も、ところどころ別の本に記されている。

学を好み、思いを深くして、書物の本当の意味を知る者でなければ、五帝の事は分からない。中途半端な物知りには、語っても分からせるのは困難だ。私は散らばった各種の記録を合わせて、その言葉が最もみやびなものだけを選び、わざわざ書き直して本書の頭に据えたのだ。」

『史記』訳注

なし

『史記』付記

なし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)