『史記』現代語訳:五帝本紀・黄帝

『史記』原文

黃帝者,少典之子,姓公孫,名曰軒轅。生而神靈,弱而能言,幼而徇齊,長而敦敏,成而聰明。
軒轅之時,神農氏世衰。諸侯相侵伐,暴虐百姓,而神農氏弗能征。於是軒轅乃習用干戈,以征不享,諸侯咸來賓從。而蚩尤最為暴,莫能伐。炎帝欲侵陵諸侯,諸侯咸歸軒轅。軒轅乃修德振兵,治五氣,藝五種,撫萬民,度四方,教熊羆貔貅貙虎,以與炎帝戰於阪泉之野。三戰然後得其志。蚩尤作亂,不用帝命。於是黃帝乃徵師諸侯,與蚩尤戰於涿鹿之野,遂禽殺蚩尤。而諸侯咸尊軒轅為天子,代神農氏,是為黃帝。天下有不順者,黃帝從而征之,平者去之,披山通道,未嘗寧居。
東至于海,登丸山,及岱宗。西至于空桐,登雞頭。南至于江,登熊、湘。北逐葷粥,合符釜山,而邑于涿鹿之阿。遷徙往來無常處,以師兵為營衛。官名皆以雲命,為雲師。置左右大監,監于萬國。萬國和,而鬼神山川封禪與為多焉。獲寶鼎,迎日推筴。舉風后、力牧、常先、大鴻以治民。順天地之紀,幽明之占,死生之說,存亡之難。時播百穀草木,淳化鳥獸蟲蛾,旁羅日月星辰水波土石金玉,勞勤心力耳目,節用水火材物。有土德之瑞,故號黃帝。
黃帝二十五子,其得姓者十四人。
黃帝居于軒轅之丘,而娶于西陵之女,是為嫘祖為黃帝正妃,生二子,其後皆有天下:其一曰玄囂,是為青陽,青陽降居江水;其二曰昌意,降居若水。昌意娶蜀山氏女,曰昌仆,生高陽,高陽有聖德焉。黃帝崩,葬橋山。其孫昌意之子高陽立,是為帝顓頊也。

『史記』書き下し

黄帝は少典の子なり。姓は公孫、名は軒轅と曰う。生まれて神霊、弱(わか)くして言を能くす。幼くして徇斉(シュンセイ)、長じて敦敏、成りて聡明。

軒轅の時、神農氏の世、衰え、諸侯、相い侵伐し、百姓に暴虐す。而るに神農氏、征する能わず。是に於いて軒轅乃ち干戈を用うるを習い、以て不享を征す。諸侯、咸(みな)来たりて賓従す。而して蚩尤(シユウ)、最も暴を為すも、能く伐つもの莫し。炎帝、諸侯を侵陵せんと欲す。諸侯、咸軒轅に帰す。軒轅乃ち徳を修め兵を振い、五気を治め、五種を芸(う)え、萬民を撫し、四方を度り、熊・羆・貔(ヒ)・貅(キュウ)・貙(チュ)・虎に教え、以て炎帝と阪泉の野に戦う。三たび戦い、然る後に其の志を得たり。蚩尤、乱を作し、帝の命を用いず。是に於いて黄帝乃ち師を諸侯に徴し、蚩尤と涿鹿の野に戦い、遂に蚩尤を禽殺す。而して諸侯、咸軒轅を尊びて天子と為す。神農氏に代わる。是を黄帝と為す。天下に順わざる者有れば、黄帝、従いて之を征し、平らげば之を去る。山を披き道を通じ、未だ嘗て寧居せず。

東は海に至り、丸山に登り、岱宗に及ぶ。西は空桐に至り、雞頭に登る。南は江に至り、熊湘に登る。北は葷粥(クンイク)を逐う。符を釜山に合わせて、涿鹿の阿(くま)に邑す。遷徙往来して、常處無く、師兵を以て衛と為す。官名は皆雲を以てし、命じて雲師と為す。左右に大監を置き、萬国を監せしむ。萬国、和ぐ。而して鬼神山川の封禅は與されて多為り。寶鼎を獲て、日を迎(かぞ)え、莢(サク)を推す。風后・力牧・常先・大鴻を挙げ、以て民を治めしむ。天地の紀、幽明の占、死生の説、存亡の難に順う。時に百穀物草木を播き、鳥獣蟲蛾を淳化し、日月、星辰、水波、土石、金玉に旁羅し、心力、耳目を労勤し、水火、材物を節用し、土徳の瑞有り。故に黄帝と号す。

黄帝、二十五子あり、其姓を得る者十四人。

黄帝、軒轅の丘に居り、而して西陵の女を娶る。是を嫘(ルイ)祖と為し黄帝の正妃と為す。二子を生む。其の後は皆天下を有つ。其の一を玄囂(ゲンゴウ)と曰う。是を青陽と為す。青陽は降りて江水に居る。其の二は昌意と曰う。降りて若水に居る。昌意は蜀山氏の女を娶る。昌僕と曰う。高陽を生む。高陽は聖徳有り。黄帝崩ず。橋山に葬らる。其の孫、昌意の子高陽立つ。是を帝顓頊(センギョク)と為す也。

『史記』現代日本語訳

黄帝は少典の子で、姓は公孫、名は軒轅(ケンエン)と曰う。生まれながらに神霊であり、幼いうちから言葉を話し、知能がよくひらめいた。少年時代は温厚かつ俊敏で、成人すると聡明だった。

軒轅の時に神農氏の世が衰え、諸侯が互いに抗争し、民衆に暴虐を働いた。ところが神農氏は鎮圧できず、それならばと軒轅は干戈の使い方を習い、朝貢しない者を征服した。諸侯はみな来て服従した。その諸侯の中でも蚩尤(シユウ)氏は、最も凶暴だったので、誰も討伐できなかった。炎帝(神農氏)の末裔が諸侯を侵略しようとしたので、諸侯はみな軒轅に帰属した。

そこで軒轅は徳を修め、武器を整え、木・火・土・金・水の五気を調和させ、黍・稷・菽・麦・稲の五穀を植え、万民を保護し、四方を測量し、熊・羆(ひぐま)・豼(ヒ)・貅(キュウ)・貙(チュ)・虎といった猛獣を飼い慣らし、その軍勢で炎帝と坂泉の野に戦った。三たび戦った後にやっと勝てた。

しかしまだ蚩尤が乱を起こし、帝の命に従わなかった。そこで黄帝は即座に諸侯から軍勢を集め、蚩尤と涿鹿(タクロク)の野で戦い、ついに蚩尤を捕まえ殺した。だから諸侯はみな軒轅を尊んで、天子にした。神農氏に代り、黄帝となった。

天下に順わない者が有れば、黄帝は軍勢と共に征服し、平定して帰った。山を切り開いて道を通し、少しも休まなかった。東は海に行き、丸山に登り、岱宗(泰山の一峰)に登った。西は空桐(山名)に行き、雞頭(山名)に登った。南は長江に行き、熊湘(山名)に登った。北は葷粥(クンイク、匈奴の別名)を追い払った。

釜山で諸侯と盟約して割り符を作り、涿鹿のふもとに城塞都市を造った。あちこちに移住して根拠地を持たず、身辺を軍隊に守らせた。官名は皆雲にちなんで名付け、長官を雲師と呼んだ。左右の大監(大目付職)を置き、万国を監察させた。万国は互いに和らいだ。

平和になったので山川の神霊を祀ってその祭祀を封禅と呼び、封禅は黄帝が最も盛んに行った。宝鼎(すばらしい三本足の青銅器)を手に入れ、暦を作り、筮竹を操って易を始めた。家臣の風后・力牧・常先・大鴻を任用し、彼らに民を治めさせた。

天地の法則、陰陽の占い、死生の儀礼、安危の説に順った。時に応じて百穀・草木を播き、鳥獣虫蛾にまで哀れみをかけ、日月、星辰、水波、土石、金玉にまで徳を行き渡らせ、心力、耳目を働かせ、水火、材物を節約して用いた。土徳のめでたい印があったので、黄帝と号した。

黄帝には二十五人の子があった。姓を得た者は十四人だった。黄帝は軒轅の丘に住み、西陵の娘を娶った。この娘を是を嫘祖(ルイソ)と呼び、黄帝の正妃にして、二子を生んだ。その末裔は皆天下の主となった。

その一人に玄囂(ゲンゴウ)がいて、これに青陽と名付けた。青陽は身分を下って諸侯となり、江水のほとりに住んだ。二人目に昌意がいて、諸侯となって若水のほとりに住んだ。昌意は蜀山氏の娘を娶った。これを昌僕と呼び、高陽を生んだ。高陽には聖徳(万能の力)が有った。

黄帝が崩御した。橋山に葬った。その孫で、昌意の子の高陽が跡を継いだ。これを帝顓頊(センギョク)という。

『史記』訳注

なし

『史記』付記

思案中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)