『史記』現代語訳:五帝本紀・帝嚳

『史記』原文

帝嚳高辛者,黃帝之曾孫也。高辛父曰蟜極,蟜極父曰玄囂,玄囂父曰黃帝。自玄囂與蟜極皆不得在位,至高辛即帝位。高辛於顓頊為族子。 高辛生而神靈,自言其名。普施利物,不於其身。聰以知遠,明以察微。順天之義,知民之急。仁而威,惠而信,修身而天下服。取地之財而節用之,撫教萬民而利誨之,歷日月而迎送之,明鬼神而敬事之。其色郁郁,其德嶷嶷。其動也時,其服也士。帝嚳溉執中而遍天下,日月所照,風雨所至,莫不從服。 帝嚳娶陳鋒氏女,生放勛。娶娵訾氏女,生摯。帝嚳崩,而摯代立。帝摯立,不善(崩),而弟放勛立,是為帝堯。

『史記』書き下し

帝嚳高辛は、黄帝の曾孫なり。高辛の父を蟜極(キョウキョク)と曰い、蟜極極の父を玄囂(ゲンゴウ)と曰い、玄囂の父は黄帝と曰う。玄囂と蟜極自り、皆位に在るを得ず。高辛に至りて帝位に即く。

高辛の顓頊に於けるや族子為り。高辛、生まれながらにして神霊たり。自ら其の名を言う。普く施して物を利し、其の身に於いてせず。聡くして以て遠きを知り、明にして以て微を察す。天の義に順いて民の急を知る。仁にして威あり。恵にして信あり。身を修めて天下服す。

地の財を取りて之を節用し、万民を撫教して之を利誨(リカイ)し、日月を暦して之を迎送し、鬼神を明らかにして之に敬事す。其の色は郁郁(イクイク)たり。其の徳は嶷嶷(ギョクギョク)たり。其の動くや時あり、其の服や士たり。

帝嚳、漑(すで)に中を執りて 天下に遍く、日月の照らす所、風雨の至る所、従服せざる莫し。

帝嚳、陳鋒氏の女を娶り、放勛(ホウクン)を生む。娵訾(シュシ)氏の女を娶り、摯(シ)を生む。帝嚳崩ず。而して摯、代わりて立つ。帝摯立ちて不善なり。崩ず。而して弟の放勛立つ。是を帝堯と為す。

『史記』現代日本語訳

帝嚳高辛は、黄帝の曽孫である。高辛の父を蟜極(キョウキョク)といい、蟜極の父を玄囂(ゲンゴウ)と曰い、玄囂の父は黄帝と曰う。玄囂と蟜極は帝位に即けなかったが、高辛になって帝位に即いた。高辛と顓頊は同族の子である。

高辛は生まれながらにして神霊で、自分でその名を言った。あまねく恩恵を施して万物の成長を助け、我が身を省みなかった。早耳で遠くの事情を知り、目がよくて細かなことまで察知した。

天のことわりに順って民の差し迫った困難を知った。思いやりがあって威厳があった。恵み深くて正直だった。人格を修養したので天下が服属した。大地の資源を取ったが節約し、万民を助け教えて導き、暦を作って生活に調子をもたらし、精霊・死霊の業績を明らかにして敬った。

その顔色は温和で、その人徳は高らかだった。行動には時の勢いに従い、一士人として天に従った。

帝嚳は、常に極端を避けて天下を遍く治め、日月の照らす所、風雨の至る所、従服しない者はなかった。

帝嚳は陳鋒氏の娘を娶り、放勛(ホウクン)を生んだ。娵訾(シュシ)氏の娘を娶り、摯(シ)を生んだ。

帝嚳が崩御した。摯が跡を継いだが善政を行わなかった。崩御したので弟の放勛が跡を継いだ。これを帝尭(ギョウ)という。

『史記』訳注

なし

『史記』付記

思案中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.